title

競争的資金獲得

研究助成金、研究会資金、海外研修(長期海外派遣、国際会議参加費)などの獲得状況です。

科研費・代表者

2017  「現代ラオスにおける小規模社会集団の人口動態メカニズム」 『平成29年度科学研究費補助金 基盤研究(A)海外学術調査』 横山 智(代表者),2017年4月~2021年3月

2016  「地域統合下におけるアジア農民の生計戦略と持続可能性に関する研究」 『平成28年度科学研究費補助金 基盤研究(B)一般』 横山 智(代表者),2016年4月~2020年3月

2013  「ラオスの小規模社会集団における人口動態・再生産・生業変化の相互関係の解明」 『平成25年度科学研究費補助金 基盤研究(A)海外学術調査』 横山 智(代表者),2013年4月~2017年3月

2012  「ナットウの起源と伝播の解明に向けた基礎的研究」 『平成24年度科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究』 横山 智(代表者),2012年4月~2015年3月

2009  「線香粘結剤タブ粉を通してみた東南アジア大陸部の森林利用と日本の里山利用の関係性」 『平成21年度科学研究費補助金 基盤(C)』 横山 智(代表者),2009年4月~2012年3月

2004  「東南アジア大陸山地部におけるヒト・モノ・情報の流動と生業構造変化に関する空間分析(課題番号:16510188)」 『平成16年度科学研究費補助金 基盤(C)』 横山 智(代表者),2004年4月~2007年3月

page top »

科研費・分担者

2015  「森林生態資源のバナキュラリティーとグローバルドメスティケーション化」 『平成27年度科学研究費補助金 基盤研究(A)(海外)』 小林繁男(代表者),2015年4月~2018年3月

2014  「東北タイ・メコン河中流回廊における多民族文化圏の生活誌」 『平成26年度科学研究費補助金 基盤研究(B)(海外)』 永田好克(代表者),2014年4月~2017年3月

2010  「東南アジア農山漁村の生業転換と持続型生存基盤の再構築」 『平成22年度科学研究費補助金 基盤研究(A)(海外)』 河野泰之(代表者),2010年4月~2014年3月

2010  「「関係価値」概念の導入による生態系サービスの再編」 『平成22年度科学研究費補助金 基盤研究(A)(一般)』 秋道智彌(代表者),2010年4月~2014年3月

2008  「「大国」と少数民族―東南アジア大陸部山地における中国ヘゲモニー論を超えて」 『平成20年度科学研究費補助金 基盤研究(B)(海外)』 落合雪野(代表者),2008年4月~2012年3月

2007  「第3次フードレジーム下における新たな対日農産物・食料輸出の展開と当事国農業・流通に及ぼす影響」 『平成19年度科学研究費補助金 基盤研究(B)(一般)』 荒木一視(代表者),2007年4月~2010年3月

page top »

科研費以外・代表者

2015  「経済発展下のラオスにおいて変化する大型家畜の価値と機能の解明」 『住友財団 2015年度環境研究助成』 横山 智(代表者),2015年11月~2017年11月

2013  「ネパールにおけるチベット難民の生業適応に関する文化地理学的研究」 『国土地理協会 平成25年度学術研究助成』 横山 智(代表者),2013年4月~2015年3月

2011  「東南アジアの生存力と自律性:土地利用とリソース・チェーンからの検討」『平成23年度総合地球環境学研究所(基幹FS研究)』 横山 智(代表者),2011年10月~2012年03月

2011  「モンスーンアジア地域におけるリソース・チェーンの解明」 『平成23年度総合地球環境学研究所(インキュベーション研究)』 横山 智(代表者),2011年5月~2011年9月

2010  「ラオスにおける環境保全と農林業開発の両立を目指す政策に関する研究」 『平成22年度名古屋大学学術振興基金(学術研究助成)』 横山 智(代表者),2010年11月~2011年10月

2009  「ミャンマーとタイ北部における無塩発酵大豆食品の利用に関する文化地理学的研究」 『アサヒビール学術振興財団研究助成(生活文化)』 横山 智(代表者),2009年4月~2010年3月

2007  「熊本県球磨村における人工林の再造林放棄に関する地理学的研究」 『平成19年度熊本大学文学部学術研究推進経費』 横山 智(代表者)・齋藤英樹・高崎章裕・江頭智恵美,2007年10月~2008年3月

2007  「ラオスの納豆「トゥア・ナオ」の製造・販売・利用・食文化の総合調査」 『第3回納豆研究奨励金 入選』 横山 智(代表者),2007年4月~2008年3月

2004  「ラオス北部における商品作物の普及とそれに伴う空間構造の変容に関する研究」『(財)福武学術文化振興財団 研究助成』 横山 智(代表者)・富田晋介・Chamthi INDAVONG,2004年4月~2005年3月

2001  「ラオス山岳地域における林産物採集システムの解明-採集から加工販売に至る空間構造に関する地理学的研究-」 『(財)トヨタ財団 2001年度研究助成A』 横山 智(代表者),2001年11月~2002年10月

1997  「ラオスの農村開発プロジェクトの現状に関する調査研究」 『(社)協力隊を育てる会/(財)三菱銀行国際財団 平成9年度青年海外協力隊帰国隊員支援プロジェクト(調査・研究)』 横山 智(代表者),1997年9月~1998年8月

1995  「ラオスの稲作農業と農村開発の諸問題に関する調査」 『(社)協力隊を育てる会/(財)三菱銀行国際財団 平成7年度青年海外協力隊帰国隊員支援プロジェクト(調査・研究)』 横山 智(代表者),1995年9月~1996年8月

page top »

科研費以外・共同研究者

2009  「熱帯アジアの環境変化と感染症」 『総合地球環境学研究所 研究プロジェクト(資源領域プログラム)』 門司和彦(代表者),2009年4月~2012年3月

2003  「アジア・熱帯モンスーン地域における地域生態史の統合的研究:1945-2005」 『総合地球環境学研究所 研究プロジェクト4-2』 秋道智彌(代表者),2003年4月~2008年3月

page top »

研究会:代表者

2012  「メコン流域圏における農林産物リソース・チェーンと土地利用変化の解明」『京都大学東南アジア研究所 平成24年度・公募共同研究』 横山 智(代表者)・河野泰之・富田晋介・東城文柄・Maniemai Thongyou,2012年4月~2014年3月

2008  「東南アジアの「消滅に瀕する焼畑」に関する文化生態的研究」『京都大学東南アジア研究所 平成20年度・公募共同研究』 横山 智(代表者)・河野泰之・落合雪野・櫻井克年・縄田栄治・田中壮太,2008年10月~2010年3月

page top »

研究会:共同研究者

2009  「プラント・マテリアルをめぐる価値づけと関係性」 『2009年度国立民族博物館共同研究』 落合雪野(代表者)・樫永真佐夫・白川千尋・綾部真雄・飯島明子・加藤真・神﨑護・佐々木綾子・高井康弘・田中伸幸・DANIELS Christian・土佐桂子・馬場雄司・速水洋子・松田正彦・柳澤雅之・横山智,2009年10月~2013年9月 研究会の情報(国立民族学博物館)

2009  「ストックとフローからとらえる東南アジア大陸部山地:自然資源利用におけるストック概念の再検討」 『平成21年度京都大学地域研究統合情報センター公募研究』 松田正彦(代表者)・落合雪野・白川千尋・松田正彦・柳澤雅之・横山 智,2009年4月~2011年3月 研究会の情報(京都大学地域研究統合情報センター)

2008  「大陸部東南アジア仏教圏の文化実践の動態をめぐる時空間の位相」 『平成19年度京都大学地域研究統合情報センター公募研究』 林 行夫(代表者)・他15名,2007年4月~2009年3月(2008年4月から参加)

2007  「東南アジア大陸部における人・モノ・情報・技術のフロー:地域社会の動態的理解に向けて」 『平成19年度京都大学地域研究統合情報センター公募研究』 落合雪野(代表者)・白川千尋・松田正彦・柳澤雅之・横山 智,2007年4月~2009年3月

page top »

海外研修費

2008  “Political Ecology of Livelihood and Land Use in Rural Laos (The 31st International Geographical Congress, Tunis 2008)”『平成20年度 日本学術振興会 第2回国際学会等派遣事業 第2期』 2008年8月12日~15日

2005  「東南アジア大陸部の資源管理システムの動態と土地利用の変化に関する研究(米国東西センター East-west Center 環境研究プログラム客員研究員)」『平成18年度熊本大学文学部海外研修助成制度』 2005年12月~2006年9月

2000  「ラオス北部における山村の社会経済活動の変遷とその要因に関する地理学的研究(ラオス国立大学社会科学部地理学科研究員)」『文部省平成12年度 アジア諸国等派遣留学制度』 2000年10月~2002年9月

page top »

出版助成金

2012  『モンスーンアジアのフードと風土』(横山 智・荒木一視・松本 淳編)『2012年度 日本地理学会出版助成』 2012年9月

page top »

国際会議開催助成

2012  “The 21th Annual Colloquium of the International Geographical Union Commission on the Sustainability of Rural Systems(第21回国際地理学連合持続的農村システム委員会コロキウム)”『大幸財団 H25年度 学会等開催研究助成』 2013年4月

page top »

海外招へい

2017  「環境保全と開発の両立に向けた農山村開発のための最先端研究」『平成29年度第1回「日本・アジア青少年サイエンス交流事業(さくらサイエンスプラン)」』 2017年4月

2015  「持続可能な農林業とその組織運営における最先端研究」『平成27年度第2回「日本・アジア青少年サイエンス交流事業(さくらサイエンスプラン)」』 2015年8月

page top »